文京区接骨院で肩こりを解消【肩の傾き】寝る前のストレッチ|2016/11/01

文京区【茗荷谷・本郷三丁目】徒歩1分のあおやま整骨院・接骨院です。肩の傾きが気になったことはありませんか?寝る前のストレッチで肩こりを解消しましょう。文京区【茗荷谷・本郷三丁目】あおやま整骨院・接骨院では、ストレッチ、筋膜リリース、骨格矯正、肩甲骨整体で肩こり、肩の傾き、肩の筋肉、肩の骨、肩の痛みを解消するお手伝いをしています。

関節痛のイラスト(肩)

◆肩の傾きを鏡で見てみると左右の肩の高さが明らかに違ったりしていませんか???

左右どちらかの肩の位置が下がっている場合、その原因は肩を広く覆う僧帽筋や背中の広背筋の筋バランスが乱れています。僧帽筋が張っているほうの肩の位置が上がり、広背筋が張っているほうの肩の位置が下がります。

荷物を持つ手がいつも同じだったり、パソコンのキーボードを打つときに身体が傾いていたり、普段の座り姿勢の乱れ等から、このような筋のアンバランスが生まれます。

また、スポーツの利き手のクセによって肩が傾くこともあります。利き手側の広背筋が酷使されるため、肩が下がりがちになってしまうのです。

肩の傾きは、姿勢の悪さという見た目だけの問題ではなく、放っておくと肩こり、首の痛みや凝り、慢性的な頭痛等にもつながっていく可能性があります。ただちに、対処することがとても大切です。

 

理学療法士のイラスト

 

◆鏡の前に立ち、左右の肩の高さを比べてみましょう。

①左右の肩の高さが均等

②右の肩が下がっている

③左の肩が下がっている

 

 

◆セルフでできる寝る前のストレッチはこちら【肩こり解消・肩の傾き改善】

①左右の肩の高さが均等

→肩の傾きに関して合格です(^◇^)、例外的に左右バランスよくストレッチする必要がある場合もあります。

②右の肩が下がっている

→『右の背中のストレッチ』凝り固まっている張っている右の広背筋をストレッチしましょう。両足を肩幅よりやや広めに開き、両手を頭の上で組む。そのまま左方向に身体をぐーんと倒してキープします。状態が前に倒れないようにしましょう。

→『左の首筋のストレッチ』左の僧帽筋のストレッチをしましょう。右の掌を左側の側頭部に置きます。手の重みを利用して右側に頭を倒していき、イタ気持ちいい位置でキープします。首から肩が伸びる感覚を意識しましょう。

③左の肩が下がっている

→②のそれぞれ反対側のストレッチを行いましょう。

 

整体の施術のイラスト

 

*「筋膜リリース、肩甲骨整体で肩の傾きと肩こりが解消できました」文京区茗荷谷20代Kさんの声

*「肩の傾き、肩こりが筋膜整体により解消しました」文京区本郷三丁目60代Hさんの声

*「ストレッチで肩の傾きを整えてもらい、肩こりがなくなりました」文京区茗荷谷40代Aさんの声

 

文京区接骨院で肩こりを解消【肩の傾き】寝る前のストレッチ

「免責事項」個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません

 

TOPへ戻る