頭痛 肩こり 腰痛の不調の原因は「毎日のパン」かも・・・|2018/03/16

文京区あおやま整骨院には、毎日、頭痛 肩こり 腰痛などの患者様がいらっしゃいます。不調の原因が「毎日のパン」にあったとしたら、どうでしょうか?

 

文京区あおやま整骨院では、身体へのアプローチも患部だけでなく、全身の筋膜のつながりから行うため、患部に触れないで不調が改善することもございます。もちろん患部に触れて治療することもあります。毎日の姿勢の指導も行っています。これからは、食事の指導もできたらなって思っています。食事は、味を楽しむことも大切だと思いますが、視点を変えてみると私達の身体を形成しているのも食事なんだと思います。食べ物は口から入り、食道、胃、腸を通り肛門から排泄されます。その中でも圧倒的に腸が関与しています。腸は免疫の70%を占めているとも言われ、腸を正常にすることが、不調の改善につながると考えられます。もちろん、文京区あおやま整骨院は腸の根本治療も行うことが出来ます。腸の硬さから不調部分を特定し、筋膜のつながりから腸の硬さなどを調整していきます。他の内臓と関連の深い部分も同時に調整することも大切です。そして腸の調整と合わせて、食事の改善に取り組んでいけば、もっともっと根本改善できると考えます。

 

頭痛、肩こり、腰痛、疲れがとれない、集中できない、メタボ、糖尿病、肌荒れ、不眠、生理不順、ボケ、食事のあとの下痢など。不調の原因がすべてが「毎日のパン」にあるかもしれない。文京区あおやま整骨院は、皆さんの悩みや痛み、不調の解決策を提案します。たった一つの食材をやめる。それだけで、心と体のバランスを取り戻し、あらゆる体の悩みをたった数日で解決してしまうことができるかもしれないのです。やめるべき食材とは、「小麦」。皆さんの大好きな、毎日の「パン」なのです。近年、小麦に含まれるたんぱく質「グルテン」が脳に炎症を起こし、腸に小さな穴をあけると注目されています。ケーキやラーメン、パスタ、うどん、クッキー、菓子パンなど。小麦粉の食品は私達の生活に深く入り込んでいます。知らず知らずのうちに、グルテンを大量に摂取しているのが今の食生活なのです。小麦の成分のグルテンには依存性があります。一定期間小麦を抜くだけで、食べたいと思わなくなります。一定期間とは、早くて3日、多くの人は2週間です。実践してみて不調の改善を実感してみてはいかがですか。但し、体質によってすべての皆さんに効果が実感できるわけではありませんので、その点はご了承ください。根本改善の一つの可能性として、試してみるくらいの気持ちで行うのがおすすめです。もちろん糖質制限につながりますので、ぽっこりお腹などのダイエット効果にも期待できます。文京区あおやま整骨院では、ハイパーナイフダイエットを行っています。ダイエットにお困りの方、ぜひ一度お試しください。

 

 

 

文京区茗荷谷・本当三丁目すぐ!あおやま整骨院・整体院

ハイパーナイフダイエット

 

「※本記事は厚生労働省認可の国家資格者:柔道整復師 青山 孝康(公益社団法人 日本柔道整復師会所属 / 公益社団法人 東京都柔道整復師会所属)が監修しています」

 

TOPへ戻る