股関節痛・変形性股関節症

こんな症状でお困りではありませんか?

  • 歩いているときに股関節が痛む
  • 靴を履くときに股関節が痛む
  • 股関節に違和感を感じる
  • 足の長さが違うといわれる
  • スポーツ後に股関節に痛みを感じる
  • 足のむくみが気になる

股関節痛はなぜ起きる?

股関節痛にも、

  • 腰椎・骨盤など股関節以外のゆがみが原因の場合
  • 股関節のゆがみが原因の場合
  • 変形性股関節症など加齢による原因
  • 先天性股関節脱臼、ペルテス病など子供特有の原因

と、複数の要因があります。

1.腰椎・骨盤など股関節以外のゆがみが原因の場合

腰椎や骨盤のゆがみによって、股関節を神経支配している腰椎や骨盤の神経の根っこや通り道が圧迫されたり、股関節が本来の位置に来ないために筋肉バランスが悪くなります。

骨盤周りのソケイ部と呼ばれる場所は、大きな血管や太い神経が通る場所でもあるため、血管や神経が圧迫されることで痛みや不調に繋がりやすくなります。股関節痛の場合でも、腰や骨盤を整えることで、股関節痛自体が解消することも多いです。

一般的な整骨院では、股関節自体を治療するケースがよく見られますが、実際は股関節以外に原因がある場合の方が多いため、状況を見極めた上で原因にアプローチすることが大切です。

2.股関節のゆがみが原因の場合

大腿骨と骨盤を繋いでいる部分を股関節と呼びますが、大腿骨が骨盤のお皿にうまくはまっていない状態もあります。骨盤に大腿骨がうまくおさまっていないと股関節自体の動きが悪くなり、歩くと痛みが出ます。また、体重がかかる位置が正常ではなくなるため、負担がかかっている部分に痛みが出てきます。

3.変形性股関節症など加齢による原因

変形性股関節症は、股関節自体が変形してしまっている状態です。

年を取るにつれて、長年の負担により徐々に軟骨が擦り減ってしまったり、変形したりしてしまうケースになります。擦り減ってしまった軟骨自体を元に戻すことはできませんが、痛みの原因を取り除くことで痛みの改善は可能です。

4.先天性股関節脱臼、ペルテス病など子供特有の原因

先天性股関節脱臼は、整形外科の先天性疾患の第1位で女児に起こるケースが多い疾患です。病名では「先天性」というものの、生まれつきの例だけではなく、生後、脱臼が進行するケースもあります。

ペルテス病は、股関節の軟骨に変形が生じてしまう疾患で、大腿骨の骨頭が一時的に壊死を起こしている状態です。ペルテス病は1年半〜2年くらいで自然に壊死部が回復して元の丈夫な骨に戻りますが、不適切な位置に骨頭がいかないよう、適切な治療を施すことでその後の変形性股関節症予防や、早期回復に繋がります。

(この場合はレントゲン撮影する必要がありますので、整形外科と併行して経過をみていくことが重要です)

股関節痛腰痛の治療方法は?

股関節痛には複数の原因があるため、痛みの原因を捉えた上で、適切なアプローチをしていくことが最も重要です。

あおやま整骨院では、これらの原因を見極めた上で、それぞれの原因に対してアプローチしていきます。

たとえば、変形性股関節症の場合、擦り減った軟骨を元の状態にすることはできませんが、痛みの原因となっている股関節の位置を調整することで痛まない状態を定着させることは可能です。

変形性股関節症の場合は、股関節の関節の動きを良くしていく治療を行います(関節包の調整)。股関節をまたいでいる筋肉や、膝と足関節等の調整をすることによって、股関節にかかる負担を減らしていきます。

腰椎・骨盤など股関節以外のゆがみが原因の場合は、腰椎・骨盤の調整をすることで、「骨格」「深層筋」「関節」「血管」「神経」へのアプローチを同時に実現し、正しい状態を「記憶」させていきます。

主には、

  • 「カイロプラクティックと呼ばれる国際基準の骨格調整テクニック」
  • 「独自の深層筋+関節+神経調整テクニック」
  • 「良いバランスを作り、記憶させるテクニック」

を用いて、治療を行っています。

「カイロプラクティックと呼ばれる国際基準の骨格調整テクニック」「独自の深層筋+関節+神経調整テクニック」「良いバランスを作り、記憶させるテクニック」を用いて、治療を行っています。

あおやま整骨院では、「痛みの改善」だけではなく、「良い状態を記憶させること」までを目的とした治療を行っています。「自己流のストレッチやマッサージで痛みが改善しない」「ボキボキ鳴らす整体に通っても、股関節痛が改善しない」「痛み止めやブロック注射などはしているが股関節痛が改善しない」「股関節の痛みを原因から改善したい」「病院で安静にしよう、うまく付き合っていくしかないと言われた」 という方のお力になれたらと思います。

治療の流れ

1.受付

まず最初に、受付にて問診票をお渡しします

2.カウンセリング

どのような不調を抱えているのか丁寧に問診します

3.検査

どんな症状も見落としのないよう、しっかり検査します

4.今後の施術方針の説明

今後の治療に関して分からないことがあれば遠慮なくご質問ください

5.施術

お1人お1人にあわせたオーダーメイドの治療です

6.お大事に!

お大事に!

症例:股関節痛・変形性股関節症

文京区 本郷三丁目 股関節痛 グロインペイン症候群(鼠頸部痛症候群) 20代 男性

サッカー選手の患者様。サッカー選手の職業病ともいわれ、一度なると中々治りにくいと言われています。鼠径部、下腹部、坐骨部、近位内転筋、睾丸後方の部分に痛みが現れます。痛む部分だけの治療・整体ではなく、痛みが出た原因や、痛みを起こしやすい身体の癖や体質を改善するための根本治療・整体を筋膜リリースを主に行う。グロインペイン症候群は、鼠頸部痛症候群とも言われます。鼠径部痛症候群は、他にも内転筋腱障害、鼠径管後壁欠損、恥骨結合炎内転筋腱障害、腸腰筋の機能障害、外腹斜筋腱膜損傷、スポーツヘルニアなどの総称でもあります。(あおやま整骨院 本郷三丁目院)

【免責事項】お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

症例:股関節痛・変形性股関節症

文京区 本郷三丁目 股関節痛 変形性股関節症 50代 女性

学生時代にスポーツで全国大会に出場するほどの患者様。ふとした時がら、股関節がズキズキと痛むようになり、次第に激痛で歩けない時があるほど。股関節に原因がある場合と、股関節ではなく他の部分に原因がある場合を鑑別し、いわゆる加齢による変形性股関節症の可能性が高く、そのための筋膜リリースによる根本治療・整体を行った。股関節痛には、先天性股関節脱臼・股関節炎・大腿骨骨頭壊死・股関節関節リウマチ・大腿骨頸部骨折など様々な症例が隠れているので、少しでも可能性がある場合は、整形外科や病院、クリニックで医師への診断を勧めています。(あおやま整骨院 本郷三丁目院)

【免責事項】お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

TOPへ戻る