交通事故・むち打ち|2017/05/26

運転者ではなく、助手席に座っていて、交通事故に遭ってしまった患者様が来ました。受傷直後は、軽い頭痛だけだったのですが、2~3日後からむち打ち症状と肩の痛み、背中の痛み、腰の痛みが現れ、1週間後から重い頭痛、めまい、吐き気、耳鳴りの症状が出てきました。初期には、アイシングや固定安静、微弱電流(マイクロカレント)やレーザー、患部とつながりのある筋膜を使って施術しました。少し落ち着いてきてから、ハイボルテージや超音波用います。頭痛にはSSPが効果的です。徐々に症状が軽減していき患部へ整体やマッサージなど、通院頻度も落としていきながら、日常生活に戻れるようにサポートしていきます。身体の悩みだけでなく、精神的な悩みや保険についての相談もできる限り、お聞きするようにしています。

TOPへ戻る