寝違え 頭痛|2017/09/08

茗荷谷院へ来院された際は、首がどの方向にも動かせず炎症がありました。まずは、炎症をとる特殊治療(微弱電流、超音波、レーザーなど)をし、おさまったら首周りの筋肉を筋膜のつながりを使って緩めました。筋膜整体のする前に必ず検査をします。検査で変化があった場合に、初めて筋膜整体を行っていきます。また検査で変化がある場合は原因のひとつになり、また原因はひとつではなく3つ4つと多くある場合もあります。すべての原因を筋膜整体で取り除くことで、痛みの出にくい身体ができていきます。首以外の箇所に原因があることは、とても多いので、患部ばかり治療するのはおすすめできません。ぜひあおやま整骨院茗荷谷院で、根本整体をしましょう。

TOPへ戻る