文京区 20代 手足のしびれ 脳脊髄液減少症 女性|2015/06/10

二人乗りのバイクの後ろに乗っていて、後ろから車に衝突された方が来院されました。

転倒時に外傷はありませんでしたが、首に痛みがあり、むち打ち症の吐き気、手足のしびれが酷い状態でした。病院で脳脊髄液減少症の可能性を指摘されましたが、脳髄液がもれているか、減少しているということへの対処法はなく、湿布と痛み止めを渡されて帰宅し、後日、親の紹介であおやま整骨院へ来院されました。マイクロカレントを徹底的に5ヶ月間実施しました。

他の方が手技をしているので自分もして欲しいという、ご要望はありましたが、少し触っただけで痛む状況なので、怪我を回復する効果と副作用のないマイクロカレントの効果を使い、むくみや腫れをとり続けました。

5ヵ月後にようやく、首以外の箇所で首をラクにするためのソフトな手技を行いました。6ヶ月で体は改善して、元の生活に戻れるようになりました。

TOPへ戻る