股関節痛・変形性股関節症|2017/07/17

サッカー選手の患者様が本郷三丁目院に来院。サッカー選手の職業病ともいわれ、一度なると中々治りにくいと言われています。鼠径部、下腹部、坐骨部、近位内転筋、睾丸後方の部分に痛みが現れます。痛む部分だけの治療・整体ではなく、痛みが出た原因や、痛みを起こしやすい身体の癖や体質を改善するための根本治療・整体を筋膜リリースを主に行う。グロインペイン症候群は、鼠頸部痛症候群とも言われます。鼠径部痛症候群は、他にも内転筋腱障害、鼠径管後壁欠損、恥骨結合炎内転筋腱障害、腸腰筋の機能障害、外腹斜筋腱膜損傷、スポーツヘルニアなどの総称でもあります。

TOPへ戻る