東京都文京区で腰痛のストレッチと腹筋のバランス【反り腰】|2016/11/04

東京都文京区【茗荷谷・本郷三丁目】徒歩1分のあおやま整骨院です。反り腰、腰痛でお悩みはありませんか?ストレッチ、エクササイズ、筋トレで腰痛、反り腰が解決できたら嬉しいですよね。東京都文京区【茗荷谷・本郷三丁目】あおやま整骨院は、ストレッチ、骨格矯正、筋膜リリース、マッサージなどで反り腰、腰痛の根本治療、予防治療をしています。もしも他の整骨院、接骨院、治療院、鍼灸院、マッサージ院、整体院、病院、整形外科などの薬やコルセットなどの処置で、腰痛、反り腰、猫背、骨盤のゆがみが改善しないようでしたら、ぜひ東京都文京区【茗荷谷・本郷三丁目】あおやま整骨院まで、御相談ください。

骨格のゆがみのイラスト

◆腰椎のカーブがきつすぎて腰に痛みはありませんか?

反り腰は腰椎の前湾カーブがきつくなっている状態です。正しい姿勢をとってくださいと言うと、この姿勢になる人が意外と多いです。

原因は体幹部と股関節周辺の筋肉のアンバランスです。腹筋の筋力が弱い一方で、脊柱起立筋の下の部分が硬く張っています。足の付け根や太もも前の筋肉が硬く張っている一方で太もも裏の筋肉が緩んでいるという具合です。太もも前の筋肉に骨盤が引っ張られて、骨盤が前傾の姿勢になり、その結果、腰椎も前に引っ張られてカーブがきつくなってしまうのです。

筋力不足の人(特に女子に多くみられる)、スポーツなどをやっていて太もも前と背中の筋肉を酷使している人なども、反り腰になりがちです。腰に負担がかかるので、腰痛を引き起こしやすいです。

放っておくと反り腰による腰痛になりますので、太もも前のストレッチやお尻のエクササイズをしたり、筋トレ、クッションを使ってみたり、ストレッチポールで体操などもおすすめです。わからないようでしたら、文京区茗荷谷あおやま整骨院までお越しください。

%e3%83%9e%e3%83%83%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%82%92%e5%8f%97%e3%81%91%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%e7%94%b7%e6%80%a7%e3%81%ae%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88

◆壁に背中をつけて自然に立ち、腰と壁の隙間をチェックしましょう。

①腰と壁の隙間が、手のひら1枚分以内

②腰と壁の隙間が、手のひら1枚分以上

 

 

 

◆セルフでできる反り腰、腰痛のストレッチやエクササイズはこちら

①腰と壁の隙間が、手のひら1枚分以内

→反り腰ではないといえるでしょう!(^^)! 例外的にストレッチする必要がある場合もございます。

②腰と壁の隙間が、手のひら1枚分以上

→『太もも前のストレッチ』片足立ちになり、上げた足の側の甲を同じ側の手でつかんで引き上げます。バランスが取れないようなら、反対側の手を壁につけるなどして姿勢を安定させます。反対側のストレッチも同様に行いましょう。

→『お尻のエクササイズ』床に仰向けになり、両膝を立てます。両手は体の横で手のひらを床にします。そのままお尻を床から引き上げます。膝から肩までのラインが一直線になるようにします。腰を反らしすぎないように注意しましょう。

理学療法士のイラスト

*「腹筋が弱いことが原因の反り腰、腰痛だったので、筋膜リリースで根本治療していただきました」東京都文京区茗荷谷10代Yさんの声

*「反り腰だったので骨盤まで歪んでしまい、腰痛を引き起こしていたそうです、筋膜リリースによる骨格矯正で根本治療しました」東京都文京区本郷三丁目60代Tさんの声

*「太もも、背中、腰の筋肉のアンバランスによる反り腰でした。繰り返す腰の痛みがストレッチや深層筋マッサージで根本治療してもらい、再発しなくなりました」東京都文京区茗荷谷40代Eさんの声

 

 

東京都文京区で腰痛のストレッチと腹筋のバランス【反り腰】

「免責事項」個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません

文京区整体院【背中の痛み】ストレッチで肩こりや猫背改善も|2016/11/02

文京区【茗荷谷・本郷三丁目】徒歩すぐのあおやま整骨院・整体院です。背中の痛みや肩こりで悩んでいませんか?仕事の合間のストレッチで背中の痛み、肩こりを改善しましょう。文京区【茗荷谷・本郷三丁目】あおやま整骨院・整体院では、ストレッチや整体をすることで背中の痛み、肩こり、猫背改善、頭痛、腰痛、呼吸をしやすくする、代謝アップできると考えています。

%e9%96%a2%e7%af%80%e7%97%9b%e3%81%ae%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88%ef%bc%88%e8%83%8c%e4%b8%ad%ef%bc%89

◆現代人の宿命?背中が丸まっていませんか?背中(胸椎)のカーブが本来の位置にありますか?

悪い姿勢、背中の痛み、肩こりの典型がこれです。ほとんどの場合、日ごろのデスクワークがその原因となります。

一日に何時間もパソコンの前で作業をしていると、いつの間にか頭の位置が下がり、脊柱は本来のカーブを失って丸くなっていきます。

まず頭が前に倒れることによって背中(胸椎)の後湾カーブが強くなります。さらに前かがみの姿勢で縮こまった胸の筋肉に背中が引っ張られる形になるため、これを防ぐために背中(胸椎)はますます後ろ側へのカーブをきつくします。デスクワークに集中するほど、この傾向は強くなっていきます。

そうじゃないかなって思っている人も、いや自分は絶対違いますという人も、ぜひ壁の前に立ってチェックしてみてください。ストレッチは仕事の合間にこまめに行うことをおすすめします。

背中の痛みや猫背を放っておくと、肩こり、頭痛、呼吸が浅くなったり、代謝が低下する、などが起こることもあります。

骨格のゆがみのイラスト

◆壁に背中をつけて立ち、頭と腕の位置をチェックしてみましょう。

①腕を水平に開いたとき、頭と腕が壁につく

②腕を水平に開いたとき、頭と腕の両方、またはどちらかが壁から離れる

 

 

 

◆セルフでできる仕事の合間のストレッチはこちら【背中の痛み・肩こり・猫背改善】

①腕を水平に開いたとき、頭と腕が壁につく

→猫背に関して合格といえます(^^♪、例外的にストレッチする必要がある場合もございます。

②腕を水平に開いたとき、頭と腕の両方、またはどちらかが壁から離れる

→『胸全体のストレッチ』両足を肩幅に開き、両手を背中の後ろで組みます。組んだ手を背中から離して後ろに引きながら胸全体を気持ちよく伸ばします。デスクワークの合間の1分間を惜しまずに行いましょう。

→『大胸筋下部のストレッチ』壁に向かって横向きに立ちます。肘を軽く曲げた状態で壁に片手をつき、壁と反対方向に身体を捻ります。足のポジションは動かさないようにして、1分間キープしたら、反対側も行います。

DSC_0708

*「背中の痛みがあったのですが、ストレッチ、骨格矯正による根本治療で背中(胸椎)のカーブを整えてもらい、背中の痛みが改善しました」文京区茗荷谷30代Uさんの声

*「猫背が原因の背中の痛みで悩んでいました。ストレッチ、筋膜リリースマッサージによる根本治療で胸のまわりや背中のまわりを伸ばすことで猫背と背中の痛みが楽になりました」文京区本郷三丁目40代Iさんの声

*「ストレッチ指導をしていただき、背中の痛みが減り、肩こりで悩む時間が減りました」文京区茗荷谷50代Sさんの声

 

文京区整体院【背中の痛み】ストレッチで肩こりや猫背改善も

「免責事項」個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません

 

 

文京区接骨院で肩こりを解消【肩の傾き】寝る前のストレッチ|2016/11/01

文京区【茗荷谷・本郷三丁目】徒歩1分のあおやま整骨院・接骨院です。肩の傾きが気になったことはありませんか?寝る前のストレッチで肩こりを解消しましょう。文京区【茗荷谷・本郷三丁目】あおやま整骨院・接骨院では、ストレッチ、筋膜リリース、骨格矯正、肩甲骨整体で肩こり、肩の傾き、肩の筋肉、肩の骨、肩の痛みを解消するお手伝いをしています。

関節痛のイラスト(肩)

◆肩の傾きを鏡で見てみると左右の肩の高さが明らかに違ったりしていませんか???

左右どちらかの肩の位置が下がっている場合、その原因は肩を広く覆う僧帽筋や背中の広背筋の筋バランスが乱れています。僧帽筋が張っているほうの肩の位置が上がり、広背筋が張っているほうの肩の位置が下がります。

荷物を持つ手がいつも同じだったり、パソコンのキーボードを打つときに身体が傾いていたり、普段の座り姿勢の乱れ等から、このような筋のアンバランスが生まれます。

また、スポーツの利き手のクセによって肩が傾くこともあります。利き手側の広背筋が酷使されるため、肩が下がりがちになってしまうのです。

肩の傾きは、姿勢の悪さという見た目だけの問題ではなく、放っておくと肩こり、首の痛みや凝り、慢性的な頭痛等にもつながっていく可能性があります。ただちに、対処することがとても大切です。

 

理学療法士のイラスト

 

◆鏡の前に立ち、左右の肩の高さを比べてみましょう。

①左右の肩の高さが均等

②右の肩が下がっている

③左の肩が下がっている

 

 

◆セルフでできる寝る前のストレッチはこちら【肩こり解消・肩の傾き改善】

①左右の肩の高さが均等

→肩の傾きに関して合格です(^◇^)、例外的に左右バランスよくストレッチする必要がある場合もあります。

②右の肩が下がっている

→『右の背中のストレッチ』凝り固まっている張っている右の広背筋をストレッチしましょう。両足を肩幅よりやや広めに開き、両手を頭の上で組む。そのまま左方向に身体をぐーんと倒してキープします。状態が前に倒れないようにしましょう。

→『左の首筋のストレッチ』左の僧帽筋のストレッチをしましょう。右の掌を左側の側頭部に置きます。手の重みを利用して右側に頭を倒していき、イタ気持ちいい位置でキープします。首から肩が伸びる感覚を意識しましょう。

③左の肩が下がっている

→②のそれぞれ反対側のストレッチを行いましょう。

 

整体の施術のイラスト

 

*「筋膜リリース、肩甲骨整体で肩の傾きと肩こりが解消できました」文京区茗荷谷20代Kさんの声

*「肩の傾き、肩こりが筋膜整体により解消しました」文京区本郷三丁目60代Hさんの声

*「ストレッチで肩の傾きを整えてもらい、肩こりがなくなりました」文京区茗荷谷40代Aさんの声

 

文京区接骨院で肩こりを解消【肩の傾き】寝る前のストレッチ

「免責事項」個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません

 

文京区茗荷谷【膝痛・ひざの痛み】ストレッチ根本治療なら☆|2015/09/23

文京区【茗荷谷・本郷三丁目】徒歩1分のあおやま整骨院です。文京区【茗荷谷・本郷三丁目】あおやま整骨院では、膝痛(ひざの痛み)・O脚・変形性膝関節症の根本治療やストレッチ指導を行っています。体験談を踏まえて、膝痛(ひざの痛み)について説明していきたいと思います。

 

【別にぶつけたわけでもないのに、膝内側痛(ひざの内側がチクチクと痛み)があります】

ときどき、ひざの内側あたりがチクチクとすることがあります。別にぶつけたり転んだりしたわけではありません。痛みというほどでもないのですが、ちょっと気になっています。私は何も運動していないし、けっこう太めです。今後、年をとるにしたがって、痛みがひどくなっていくものなのでしょうか。何か自分で予防する手立てはあるのでしょうか。:文京区茗荷谷60代女性

関節痛のイラスト(ひざ)

→痛みというほどではないそうですが、たとえ症状が軽くても相談することは大切です。おそらく変形性ひざ関節症の前期の症状があらわれているのだと思います。この段階であれば、膝痛(ひざの痛み)予防のためにとれる手立てがたくさんあります。予防のためのケアは、早く始めれば始めるほどいいんです。この方の場合、長年の運動不足によって足の筋力が衰えて、ひざ関節のクッション機能が低下してきているのが原因だと思います。普段から歩いたり運動したりしていないと、ひざの内側の筋肉が衰えてくるんです。すると、ひざの外側に比べて内側が弱くなる為、次第にO脚が進むことになります。O脚が進むと、ひざ関節が内側に傾いて、内側の骨の軟骨同士がぶつかり合いやすくなります。これにより軟骨がすり減って、チクチクとした痛みの発生につながってくるわけです。ひざ痛はよくなったり悪くなったりを繰り返しながら、長い年月をかけて少しずつ進んでいきます。ただ、この方の場合は、ごく早い段階なので十分に進行を食い止めることが可能です。姿勢も関係しているので意識していきましょう。よく歩き、お風呂でひざの曲げ伸ばしをしたり、ひざの関節を広げる体操をしていくと良いです。:文京区【茗荷谷・本郷三丁目】あおやま整骨院

関節痛のイラスト(足首)

→膝痛(ひざの痛み)というと、サッカーやバスケットボール、柔道といったスポーツ選手のように「ひざを酷使する人がなるもの」というイメージを持っている人もいるかもしれません。もちろん、そういう方もいらっしゃいます。しかし、膝痛(ひざの痛み)の大多数は、長年の運動不足による足の筋力低下が原因なのです。足の筋力低下で、特に影響が大きいのが大腿四頭筋の「内側広筋」という筋肉です。ひざの内側の筋肉に相当するのですが、この内側広筋は日常生活ではあまり使われず、普段から体を動かしていないと、いつの間にか筋力低下が進んでしまいやすいのです。内側広筋が衰えてくると、ひざの外側の筋肉に比べて内側の筋肉が弱くなる為、ひざ関節が傾いて、O脚が進むことになります。内側を支える力が衰えていたために、自然にひざが外へ外へと開いていっていますわけです。すると、ひざ関節内で内側の軟骨同士がぶつかり合いやすくなります。いつもぶつかり合っていれば、軟骨の磨耗が進んだり、軟骨の形が変化したりしてきます。ひざ関節のクッション機能も大きく低下していってしまいます。変形性ひざ関節症の症状は、数年から数十年という長い年月をかけて、よくなったり悪くなったりを繰り返しながら段階的に悪化していきます。O脚が気になっている方や、運動不足で足の筋力低下が気になっている方は、早め早めに膝痛(ひざの痛み)予防に取り組むようにして下さい。:文京区【茗荷谷・本郷三丁目】あおやま整骨院

いろいろな脚の形状のイラスト

 

・「O脚ストレッチ治療をしてもらい、姿勢からアプローチしていただいたら、膝痛(ひざの痛み)が軽くなり、マラソンを再開できました」:文京区茗荷谷Sさん

・「膝のストレッチや足裏の筋トレを教わって、膝痛(ひざの痛み)が楽になり、バレーボールに復帰できました」:文京区本郷三丁目Hさん

・「変形性膝関節症なんですが、膝の隙間を広げるストレッチ施術は、膝痛(ひざの痛み)なく気持ちよかったです」:文京区茗荷谷Kさん

 

 

文京区茗荷谷【膝痛・ひざの痛み】ストレッチ根本治療なら☆

「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません

文京区茗荷谷【腰痛】腰の痛みにはツボ治療とストレッチ治療|2015/09/17

こんにちは!腰痛治療に特化した文京区【茗荷谷・本郷三丁目】あおやま整骨院です。腰痛治療にはかかせないツボとストレッチがあります。腰痛でお困りの患者様は、ぜひ文京区【茗荷谷・本郷三丁目】あおやま整骨院までご相談下さい。病院が必要であれば紹介もしています。

 

【朝の洗顔をするときに、腰痛で前かがみになるのがつらいです】

草むしりやお風呂そうじなど、前かがみで作業をしていると、立ち上がるときに腰に痛みを感じます。あと、朝の洗顔をするとき、腰痛で前かがみになるのがつらいです。市販の湿布などはあまり効果がありません。ひょっとして、たちの悪い腰痛なのでしょうか。:東京都文京区茗荷谷・70代・女性・主婦

 

 

→この方は、前かがみになると、てきめんに症状(腰痛)が現れているようですね。そもそも腰痛は、「前かがみになると痛いタイプ」と「体を反らすを痛いタイプ」のふたつに大別されます。前者には、筋筋膜性腰痛、椎間板症、椎間板ヘルニアなどがあります。筋筋膜性腰痛というのは、草むしりなど、前かがみの姿勢を続けている事によって、腰の筋肉が疲労して炎症を起こす状態のことを言います。ただの筋筋膜性腰痛で腰が筋肉疲労をしているだけなのであれば、ちゃんと腰を休ませれば回復するはずですし、筋肉疲労を回復させるためには、湿布は効果的なはずです。ただ、この方の場合、湿布が効かないということですし、洗面台で腰を曲げるだけでも痛いをおっしゃられています。腰痛が単なる筋肉疲労だけではとどまらず、腰椎椎間板に問題が生じている可能性があります。腰椎椎間板症か、もしくは軽度の腰椎椎間板ヘルニアかもしれません。:文京区【茗荷谷・本郷三丁目】あおやま整骨院

 

 

◆腰椎椎間板ヘルニアかどうかは自分でわかる

腰に痛みがあるのに、検査で「異常なし」とされてしまうことも

一口に腰痛と言っても、たくさんのタイプがあります。ここで主なものを紹介しておきましょう。

・前かがみが痛いタイプ→筋筋膜性腰痛、腰椎椎間板症、腰椎椎間板ヘルニア

・体を反らすと痛いタイプ→腰椎分離症、腰椎すべり症、腰部脊柱管狭窄症

・その他のタイプ→骨粗しょう症による腰椎圧迫骨折、精神的ストレスが原因の腰痛、婦人科疾患が原因の腰痛、内科的疾患が原因の腰痛

これらのうち、もっとも腰痛患者が多いのが「前かがみが痛いタイプ」。ところが、このタイプは腰痛症状があるのにもかかわらず、病院で腰部にレントゲンなどの検査を行っても「腰椎に異常なし」とされてしまうことが少なくありません。腰椎椎間板症やごく小さな腰椎椎間板ヘルニアなどは、医療機関の画像検査では確認できないことがめずらしくないのです。腰椎椎間板ヘルニアかどうか、自分で見極める方法としてSLRテストがあります。SLRテストは、仰向けになって、片足の足をひざを伸ばした状態のまま上げていって、足を45度か60度まで上げたときに、腰やお尻に痛みやしびれが走ったなら、腰椎椎間板ヘルニアの可能性が大きいという証拠です。腰が痛いなどの調子がおかしいなと思ったら、ぜひ試してみて下さい!マッサージを受けているお婆さんのイラスト・「腰痛の前かがみが椎間板に原因があるということを初めて知りました、ぎっくり腰などの腰痛や坐骨神経痛にもなりやすいので気をつけます。ストレッチ(マッケンジー法)がとても有効で、ツボは腸腰筋が大切とのことでした」:文京区茗荷谷Wさんの声

・「脊柱管狭窄症は体を反らしてはいけないんですね。その場合、身体をかがめるストレッチ(ウィリアム体操)が腰痛に有効と教えてもらいました。ツボとしては、腹横筋が大切とのことでした。」:文京区本郷三丁目Tさんの声

・「ストレスでも腰痛になるのは恐いです。しっかり治療したいです。」:文京区茗荷谷Iさんの声

 

 

文京区茗荷谷【腰痛】腰の痛みにはツボ治療とストレッチ治療

「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません

文京区茗荷谷【首の痛み・頚部痛】や肩こりはストレッチ整体|2015/08/17

こんにちは!文京区【茗荷谷・本郷三丁目】駅徒歩1分のあおやま整骨院です。文京区【茗荷谷・本郷三丁目】あおやま整骨院では、首の痛み(頚部痛)、肩こりはストレッチなどの根本整体で治療しています。

 

 

【強くマッサージしても、肩こり、首の痛み(頚部痛)がとれなくなってきた】

頸の痛みと肩こりがひどくて夫に、しょっちゅう肩をもんでもらっています。首の痛みと肩こりとは15年ほど前からのつき合いなのですが、昔はトントン叩くくらいだったのが、最近はかなり力を込めて全力でマッサージしてもらわないと効かなくなってきました。こんなに強くもんでも大丈夫なのでしょうか。:文京区茗荷谷40代女性

ストレートネックのイラスト→首の痛みや肩こりで悩まれている方は多く、患者数も多いのに、ほとんどが間違った対処をしているのが現実なんです。結論から言うと、首の痛みや肩こりには強いマッサージは禁物です。もみ返しというのは、マッサージの強い刺激によって、筋肉の組織が炎症を起こしてしまった状態のこと。この炎症が起きるともんだ翌日などに、よけいに首や肩が痛くなってしまいます。また、マッサージそのものを否定しているわけではありません。もし、その首の痛み・肩こりの原因が筋肉疲労によるものであれば、やわらかくもみほぐすことによって筋肉の緊張が和らぎ、こりがとれるはずです。首の痛み、肩こりの原因が筋肉疲労だけではなく、頸椎に問題がある場合は、いくら表面をマッサージしてもこりや痛みが解消しなくなります。私は慢性の肩こり・頚部痛(首の痛み)を訴えている人の9割は頸椎に問題があると考えています。:文京区【茗荷谷・本郷三丁目】あおやま整骨院

 

 

【頸椎のトラブルは、表面のマッサージだけではどうにもならない】

みなさんのなかには、首の痛みや肩こりがつらくなるたびに、マッサージに行っている方が少なくないのではないでしょうか。ただ、もし数日もすればまたこりがひどくなるならば、肩の状態はすでにマッサージのみでどうにかなる段階を超えてしまっています。頸椎にまで問題が及んでしまっている可能性が高く、そうなるといくら表面のマッサージをしたところで、こりや痛みは解消しないのです。たとえば、みなさんは次のような症状に心当たりはないでしょうか。

 

 

・肩や首が鉄板のように硬く、こりだけではなく痛みも感じる

・こりがひどくなると、頭痛や吐き気、めまいなどがする

・首や肩がこるだけではなく、手や腕がしびれる

・くしゃみをすると、首から手にかけて電流のような痛みが走ることがある

関節痛のイラスト(肩)

これらは、頸椎症の典型的症状。こうした症状があるなら、不調の根本原因は頸椎のトラブルにある事になります。コリや痛みを長く引きずってきたために、頸椎の関節や神経にまで悪影響が及んでしまったわけです。頸椎症の症状は、表面のマッサージで解消することはありません。筋肉疲労であればなんとかなりますが、頸椎の問題は表面のマッサージではどうにもなりません。しかも私は、肩こりや頚部痛(首の痛み)に悩む人の9割は頸椎に何らかのトラブルを抱えているのではないかとみています。ですから、肩や首のこり(首が痛い)を甘くみるのは禁物。マッサージに頼って目先の症状をごまかしていると、そのうちに頸椎の状態をどんどん悪化させてしまいかねないのです。

 

 

・「頸椎のS字カーブの大切さを教えてもらい、肩こりや猫背が改善し、頚部痛が減り、寝違えをしなくなりました」:文京区茗荷谷Kさん

・「いわゆる肩こりは、頸椎の関連が多いと知りました」:文京区本郷三丁目Iさん

・「腱しょう炎だと思っていたら、手の痛みやしびれなどは、首や肩からきていることが意外にも多いことがわかりました」:文京区茗荷谷Nさん

 

 

文京区茗荷谷【首の痛み・頚部痛】や肩こりはストレッチ整体

「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません

 

TOPへ戻る