丸ノ内線沿い整骨院・整体・むちうち・交通事故治療で評判の|2015/10/17

丸ノ内線で通える整骨院・整体院です。丸の内線沿いのあおやま整骨院【茗荷谷・本郷三丁目】は、整体だけでなく、むちうち治療・交通事故治療も得意としています。あおやま整骨院【茗荷谷・本郷三丁目】は、丸ノ内線利用の多数の患者様が整体・むちうち治療・交通事故治療で通院されています。痛みや不調を根本から改善されたい方、むちうち治療・交通事故治療をお探しの方は、あおやま整骨院までお越し下さい。東京メトロ丸ノ内線(池袋・新大塚・茗荷谷・後楽園・本郷三丁目・御茶ノ水・淡路町・大手町・東京・銀座・霞が関・国会議事堂前・赤坂見附・四ツ谷・四谷三丁目・新宿御苑前・新宿三丁目・新宿・西新宿・中野坂上・中野新橋・中野富士見町・方南町・新中野・東高円寺・新高円寺・南阿佐ヶ谷・荻窪)なら【茗荷谷・本郷三丁目】駅まで1本で通院できます。

 

【交通事故(自動車・バイク・自転車・歩行者)に遭った際に同乗者にも適用できる自賠責保険!加害者の車に同乗していた場合も適用できる!】

交通事故のイラスト「玉突き事故」

◆同乗者は何名でも!自賠責保険適用可能

自賠責保険は交通事故に遭った車に同乗していた人(家族も含む)も賠償の対象になります。加害者の車に同乗していた場合も同じです。加害者が被害者の損害を賠償しなければならないという原則があるので、例えば「加害者が夫で被害者が妻」という場合でも、不法行為の要件を満たす限り、夫婦間でも当然に損害賠償請求権が成立し、これを行使することができます。被害者たる配偶者(この場合は妻)に他人性が認められる場合には、加害者たる配偶者(夫)の運行供用者責任に基づいて自賠法16条の直接請求権の行使も認められます。また、友人などの同乗者が、飲酒などの危険運転を容認・助長して事故に遭い、負傷した場合も、損害賠償が認められます。(無償同乗)

事故車のイラスト

◆「共同不法行為」 複数の自賠責保険への請求

加害車両が複数ある事故の場合、自賠責保険の補償限度額は加害車両の数に応じて増えます。自賠責保険は車両ごとに付保されるものだからです。例えば、2台の車の衝突事故で双方に過失がある場合に、どちらかの車に同乗していて負傷した人は、両方の車の自賠責保険がつかえるので請求できる限度額が2倍の240万円になります。被害者はどちらに損害賠償を請求しても、双方に請求しても構いません。どちらがどれだけ負担するかは加害者側の問題(過失割合による)であり、被害者はどちらにしても認められた額の賠償金を受け取ることが出来ます。

※限度額が増えるといっても、大きくなるのは「支払いの枠」であり、あくまで現実に生じた損害しか支払われないことに変わりはありません。

 

 

・「整骨院でのむちうち整体・交通事故治療で自賠責保険は家族であっても同乗者に適用できるんですね」:東京メトロ丸ノ内線茗荷谷Dさんの声

・「整骨院でのむちうち整体・交通事故治療の共同不法行為なんて初めて聞きました」:東京メトロ丸ノ内線本郷三丁目Eさんの声

・「整骨院でのむちうち整体・交通事故治療だったのですが、加害者の車でも自賠責保険が使える場合があるんですね」東京メトロ丸ノ内線茗荷谷Kさんの声

 

 

丸ノ内線沿い整骨院・整体・むちうち・交通事故治療で評判の

「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません

TOPへ戻る