文京区整骨院【バイク事故】捻挫・怪我の早期受診・早期治療|2015/08/10

こんにちは!文京区【茗荷谷・本郷三丁目】徒歩1分あおやま整骨院です。当整骨院では、バイク事故での捻挫、怪我に関して、早期受診・早期治療をおすすめしています。

 

 

交通事故後はすぐに「病院・整形外科」「整骨院・接骨院」に行こう!

◆早期受診をすすめる理由

早めに対処することが回復も早くする

事故から10日以上過ぎると、事故との因果関係を証明できない場合がある

関節痛のイラスト(首)◆まず「病院・整形外科」へ行き、診断書をもらうこと。「整骨院・接骨院」へ行くこと。

交通事故の後遺症は、数ヶ月経って突然発症するものもあります。むち打ちがその代表格で、当初はほとんど症状に出ず、「病院・整形外科」で異常なしと診断されても、翌日から数日後、数ヵ月後になって、様々な症状が現れることがあります。頭痛や吐き気など、当事者自身も交通事故が原因ではなく、単なる体調不良だと考えてしまうケースも多いと思います。交通事故の際、衝撃で体は揺さぶられ、体は思いがけない方向にS字状の動きを強いられてしまいます。とっさの出来事が起こると頭部を守ろうとして、首の筋肉がこわばります。頭痛もなく、どこを打ったか覚えていないという人でも、交通事故では大抵、頭をぶつけています。このように、交通事故でむち打ちになる要因は多いといえます。「病院・整形外科」だけではなく、「整骨院・接骨院」でも診てもらうといいでしょう。大きい病院だと診察の間隔が空くことや待ち時間の長さから体の負担が大きくなりがちなところを、カバーすることもできます。あおやま整骨院では、交通事故の専門治療を行っています。特殊治療器や手技を用いて、リスクの少ない治療を行い、後遺症を残さないように早期治療が大切だと考えています。

事故車のイラスト

◆むち打ちは後遺症として認められにくい

たとえ認められても、後遺障害の等級が抑えられるために、症状の辛さに反して補償が厳しいという現実があります。後遺症で苦しまないためにも、早期治療が大切です。

 

 

・「むち打ちの症状は、周りの人に辛さが認められにくいので、精神的にも肉体的にも辛かった」:文京区茗荷谷Mさん

・「交通事故後にすぐ治療をはじめたので、比較的辛くなかったです、ありがとうございました」:文京区本郷三丁目Kさん

・「むち打ち以外にも手足の打撲や捻挫も治療してもらえるので助かります」:文京区茗荷谷Tさん

 

 

文京区整骨院【バイク事故】捻挫・怪我の早期受診・早期治療

「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません

TOPへ戻る