【茗荷谷の整骨院】交通事故のリハビリ・むちうち・損害賠償|2015/08/30

こんにちは!茗荷谷すぐのあおやま整骨院です。むちうち・交通事故治療やリハビリにおける損害賠償について説明させていただきます。

 

 

◆交通事故の損害賠償について

損害賠償の対象として考えられる項目は、どのような交通事故かによって変わってきます。交通事故には、死傷者がある場合の人身事故傷害事故死亡事故があります)、死傷者がなく物が損壊しただけの物損事故があり、傷害事故については特に後遺障害が残った場合の賠償も考慮されています。

財産的損害のうち、「積極損害」とは交通事故によって出費を余儀なくされたもの、「消極損害」とは事故がなければ得たであろう利益を言います。物損事故には原則、慰謝料はつきません。自賠責保険も原則、適用されません。交通事故には、被害者側にも若干の過失があるケースがほとんどです。過失の割合に応じて損害賠償は減額されます。

交通事故の賠償額は、定型・定額化されていて、一応の目安がつくようになっています。これは主に被害者の平等を図るためで、大量に発生する交通事故の賠償事務がすみやかに処理できるようになっています。

被害者が加害者に損害賠償を請求できる権利には時効があり、「損害および加害者を知った時から」三年です。原則として事故発生時から、後遺障害が残存した場合は症状が固定した時からとなります。ひき逃げのような場合は、加害者が判明してからになります。なお、自動車保険の保険金請求にも時効があるので注意が必要です。

賠償金の算定基準には、「自賠責保険基準」「任意保険基準」「弁護士会基準」三つの算定基準があります。 子供の飛び出し事故のイラスト・「交通事故のリハビリ、むちうちならあおやま整骨院がおすすめ!賠償金に詳しすぎる」:文京区茗荷谷Uさんの声

・「交通事故の人身事故にならないと自賠責が原則つかえない」:文京区茗荷谷Eさんの声

・「交通事故の損害賠償について勉強になりました」:文京区茗荷谷Wさんの声

 

 

【茗荷谷の整骨院】交通事故のリハビリ・むちうち・損害賠償

「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません

TOPへ戻る