春日・後楽園・小石川の整骨院でむち打ち・交通事故治療なら|2017/11/15

春日・後楽園・小石川から通える整骨院なら、あおやま整骨院グループまでお越しください。根本治療・骨盤矯正をはじめ、交通事故専門治療・むち打ち整体も行っています。あおやま整骨院は、茗荷谷院・本郷三丁目院があり、丸ノ内線で各徒歩1分です。春日・後楽園・小石川からも通院しやすいです。万が一、交通事故に遭った、起こしてしまった、むち打ちになってしまった場合には、ぜひあおやま整骨院グループまでお越しください。

車の交通事故のイラスト(女性)

今回は、●●損保会社の搭乗者傷害保険について、実際の契約の一例を元に解説していきます。

搭乗者傷害:あり(入通院一時金補償型)

━━━━━━━━━━━━ ■ どんな補償なの?━━━━━━━━━━━━

ご契約の〇〇に搭乗中の方が自動車事故によりおケガをされた場合に、 あらかじめ定められた金額をご契約内容に従って 保険金としてお支払いされます。〇〇のご契約では、入通院一時金補償型がセットされておりますので お支払い保険金は以下のとおりです。

<お支払いする保険金の例>

入通院1~4日:1名につき一律1万円

入通院5日以上:おケガの症状に応じて、1名につき10~100万円

搭乗者傷害には、2つのタイプがあります。

●死亡・後遺障害・入通院一時金補償型 死亡・後遺障害・入通院時の一時金を補償します。

●入通院一時金補償型 入通院時の一時金を補償します。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━ ■ 誰が補償の対象になるの? ━━━━━━━━━━━━━━━━

ご契約の〇〇に搭乗されている方であれば、 ご家族・ご友人を問わず、全員が補償の対象になります。 保険金は補償の対象となる方それぞれにつき、 保険金額を限度にお支払いします。

 

━━━━━━━━━━━━━━ ■ 人身傷害との違いは? ━━━━━━━━━━━━━━

ご自身のおケガに対する補償には、搭乗者傷害とは別に 「人身傷害」があります。 どちらの補償も、ご契約のお車に搭乗中の自動車事故により ご自身や同乗者の方がおケガをされた場合、 死亡・後遺障害を被った場合などに保険金をお支払いします。 この2つの補償は、カバーする補償の範囲が異なります。

●人身傷害は、治療費など実際にかかった費用だけでなく、 精神的損害や休業損害等もお客さまの責任割合(過失割合)に関わらず、 保険金としてお支払いします。 実際の損害額を基準に保険金をお支払いするため、 お支払いまでに時間がかかる場合もあります。

●搭乗者傷害は、あらかじめ決められた金額をお支払いします。 損害額に関わらず、あらかじめ支払い金額が決まっているため、 入通院日数やおケガの症状などが決まり次第、 迅速に保険金をお支払いすることができます。

 

人身傷害と搭乗者傷害の両方に入っている場合は?

搭乗者傷害の保険金は、“人身傷害の保険金に加えて”お支払いします。 搭乗者傷害の方が迅速にお支払いすることができますので、 人身傷害で損害額の実費を補償し、当座の出費などがご心配の場合は 人身傷害と搭乗者傷害を合わせて加入されると安心です。

 

保険に入っていても、車の運転に油断は禁物。

では、どうぞ安全運転でお過ごしください。

sick_muchiuchi

・「整形外科と併用してあおやま整骨院にかかり、電気だけでなく、身体全体のつながりから根本的に施術・整体をしていただき、完治しました」文京区春日40代男性

・「引越のため他の整骨院から転院してあおやま整骨院を受診、患部だけでなく遠隔整体を行っていただき、びっくり!効果もばっちり」文京区後楽園50代女性

・「治療だけでなく、心のケアもしていただけました。安心して通える整骨院です」文京区小石川30代男性

 

春日・後楽園・小石川の整骨院でむち打ち・交通事故治療なら

「免責事項」個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません

春日近く整骨院・整体・むちうち・交通事故治療・整形外科!|2015/08/08

春日から徒歩圏内の整骨院・整体院。春日から通えるあおやま整骨院【茗荷谷・本郷三丁目】です。春日近くのあおやま整骨院は、整体だけでなく、むちうち治療・交通事故治療も得意としています。あおやま整骨院は、春日より多数の患者様が整体・むちうち治療・交通事故治療で通院されています。本郷三丁目までは、都営大江戸線で1駅です。痛みや不調を根本から改善されたい方、むちうち治療・交通事故治療をお探しの方は、あおやま整骨院までお越し下さい。

今回のブログでは、むちうち治療や交通事故治療で、治療院(整骨院・接骨院・病院・整形外科)のメリット・デメリットを説明いたします。

整体の施術のイラスト

 

◆「病院・整形外科」と「整骨院・接骨院」は、どちらも自賠責保険が適用されると治療費は原則0円です。交通事故後に併用して通院している人も多く、その理由としては、「病院・整形外科」だけだと、次の診察まで間隔が空き、痛みや不安感が増すことに加え、一日も早い社会復帰ができるように交通事故治療を受けたい、ということがあります。それぞれにメリット・デメリットがあります。

 

 

※「病院・整形外科」メリット → 保険会社に提出する診断書がもらえる

※「病院・整形外科」デメリット → 診察の待ち時間が長い・通院間隔が空きがち・問診だけ・処方箋だけの場合がある・レントゲンやMRIでは診断が難しく異常なしとされる場合もある(むち打ち、骨の歪みなど)

 

 

※「整骨院・接骨院」メリット → 手技の施術で細かいところまで診てもらえる・診察時間に幅があるので待ち時間が少なく通院しやすい・柔道整復師による治療(骨折、捻挫、打撲、挫傷、肉離れ、脱臼など)

※「整骨院・接骨院」デメリット → 保険会社に提出する診断書はもらえない

 

 

◆痛みは我慢すると一生付き合うことになります。治療院選びは大事です。

「病院・整形外科」「整骨院・接骨院」を根拠もなく頻繁に変えるのは好ましくありません。診断書を書いてもらうための心象は大切で、後遺障害が残った場合には、その心象で判断を左右されることもあります。また、「病院・整形外科」「整骨院・接骨院」を変え過ぎると治療経過が分からず、診断が曖昧になるということも起こります。あまりにも違和感を感じたときは、周囲の人にどの「病院・整形外科」「整骨院・接骨院」がいいか、評判を聞いてみましょう。治療・施術を続ければ改善の余地があるのに主治医から症状固定と判断された場合には、できるだけ保留にしてもらい、交通事故の相談機関を探して問い合わせてみましょう。あるいはセカンドオピニオンを求めることを検討してください。治療・施術の継続で改善の余地があるのに症状固定にするのはおすすめ出来ません。sick_muchiuchi◆症状固定とは

これ以上治療しても改善が見込めないと医師・柔道整復師が判断し治療・施術をストップした状態です。この判断を受けると、残存する症状については後遺障害として損害賠償の対象になり、保険会社の示談交渉が始まります。そのタイミングで納得できるのかどうかは、症状経過を診てきた医師・柔道整復師とよく相談して決めることが大切です。

 

◆同日に2箇所で通院時の慰謝料・交通費について

同じ日に2箇所で治療・施術を受けた場合でも、自賠責基準での傷害事故の慰謝料は1日あたり4200円の定額です。交通費に関しては個別に自宅からの請求が出来ます。 IMG_0051・「交通事故によるむちうちがひどかったのですが、整形外科の治療と整骨院の整体治療を併用してとてもよかったです」:春日Aさんの声

・「交通事故のむちうちだったのですが、整形外科でレントゲンを撮ってもらい、整骨院で特殊電気や根本整体をしてもらい、よくなっています」:春日Oさんの声

・「交通事故後の神経痛まであるむちうちなんですが、整骨院さんで神経痛は後遺症が残るかもしれないとのことで、病院でMRIをすすめてくれました。幸い神経痛も整体治療によりほぼ治ってきています」:春日Yさんの声

 

 

春日近く整骨院・整体・むちうち・交通事故治療・整形外科!

「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません

TOPへ戻る