東京都文京区で腰痛のストレッチと腹筋のバランス【反り腰】|2016/11/04

東京都文京区【茗荷谷・本郷三丁目】徒歩1分のあおやま整骨院です。反り腰、腰痛でお悩みはありませんか?ストレッチ、エクササイズ、筋トレで腰痛、反り腰が解決できたら嬉しいですよね。東京都文京区【茗荷谷・本郷三丁目】あおやま整骨院は、ストレッチ、骨格矯正、筋膜リリース、マッサージなどで反り腰、腰痛の根本治療、予防治療をしています。もしも他の整骨院、接骨院、治療院、鍼灸院、マッサージ院、整体院、病院、整形外科などの薬やコルセットなどの処置で、腰痛、反り腰、猫背、骨盤のゆがみが改善しないようでしたら、ぜひ東京都文京区【茗荷谷・本郷三丁目】あおやま整骨院まで、御相談ください。

骨格のゆがみのイラスト

◆腰椎のカーブがきつすぎて腰に痛みはありませんか?

反り腰は腰椎の前湾カーブがきつくなっている状態です。正しい姿勢をとってくださいと言うと、この姿勢になる人が意外と多いです。

原因は体幹部と股関節周辺の筋肉のアンバランスです。腹筋の筋力が弱い一方で、脊柱起立筋の下の部分が硬く張っています。足の付け根や太もも前の筋肉が硬く張っている一方で太もも裏の筋肉が緩んでいるという具合です。太もも前の筋肉に骨盤が引っ張られて、骨盤が前傾の姿勢になり、その結果、腰椎も前に引っ張られてカーブがきつくなってしまうのです。

筋力不足の人(特に女子に多くみられる)、スポーツなどをやっていて太もも前と背中の筋肉を酷使している人なども、反り腰になりがちです。腰に負担がかかるので、腰痛を引き起こしやすいです。

放っておくと反り腰による腰痛になりますので、太もも前のストレッチやお尻のエクササイズをしたり、筋トレ、クッションを使ってみたり、ストレッチポールで体操などもおすすめです。わからないようでしたら、文京区茗荷谷あおやま整骨院までお越しください。

%e3%83%9e%e3%83%83%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%82%92%e5%8f%97%e3%81%91%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%e7%94%b7%e6%80%a7%e3%81%ae%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88

◆壁に背中をつけて自然に立ち、腰と壁の隙間をチェックしましょう。

①腰と壁の隙間が、手のひら1枚分以内

②腰と壁の隙間が、手のひら1枚分以上

 

 

 

◆セルフでできる反り腰、腰痛のストレッチやエクササイズはこちら

①腰と壁の隙間が、手のひら1枚分以内

→反り腰ではないといえるでしょう!(^^)! 例外的にストレッチする必要がある場合もございます。

②腰と壁の隙間が、手のひら1枚分以上

→『太もも前のストレッチ』片足立ちになり、上げた足の側の甲を同じ側の手でつかんで引き上げます。バランスが取れないようなら、反対側の手を壁につけるなどして姿勢を安定させます。反対側のストレッチも同様に行いましょう。

→『お尻のエクササイズ』床に仰向けになり、両膝を立てます。両手は体の横で手のひらを床にします。そのままお尻を床から引き上げます。膝から肩までのラインが一直線になるようにします。腰を反らしすぎないように注意しましょう。

理学療法士のイラスト

*「腹筋が弱いことが原因の反り腰、腰痛だったので、筋膜リリースで根本治療していただきました」東京都文京区茗荷谷10代Yさんの声

*「反り腰だったので骨盤まで歪んでしまい、腰痛を引き起こしていたそうです、筋膜リリースによる骨格矯正で根本治療しました」東京都文京区本郷三丁目60代Tさんの声

*「太もも、背中、腰の筋肉のアンバランスによる反り腰でした。繰り返す腰の痛みがストレッチや深層筋マッサージで根本治療してもらい、再発しなくなりました」東京都文京区茗荷谷40代Eさんの声

 

 

東京都文京区で腰痛のストレッチと腹筋のバランス【反り腰】

「免責事項」個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません

東京都文京区【腱鞘炎】ばね指や手首の関節の痛みを治すには|2016/10/18


東京都文京区【茗荷谷・本郷三丁目】です。腱鞘炎(ばね指や手首などの関節の炎症)の根本治療なら東京都文京区【茗荷谷・本郷三丁目】駅徒歩1分のあおやま整骨院にお任せください。腱鞘炎を痛みなく早く治すには、本当の原因を探すことが大切です。東京都文京区【茗荷谷・本郷三丁目】あおやま整骨院では、腱鞘炎に似た疾患と鑑別するように心がけています。

関節痛のイラスト(手首)

【代表的な手の腱鞘炎】

①ばね指・弾発指・・・手の指を伸ばすと戻らない、反対に伸ばすと曲げられなくなる、弾発現象がある腱鞘炎です。手の使用頻度の高い中高年の女性の薬指、中指、親指に多いとされる腱鞘炎です。狭窄性腱鞘炎、肥厚性腱鞘炎、スナッピングフィンガーともいいます。バネ指は、屈筋腱が指の付け根でトンネル状の腱鞘という通り道を通るとき、腱や腱の周辺で炎症が起こり、腱鞘の内側が狭くなり、腱が滑るように通るときに引っかかってしまっています。なので一度行った動作を戻しにくくなっていますのです。指を使いすぎると起こりやすいのが腱鞘炎です。

②ドケルバン病・・・使いすぎている手首の親指側が痛くなる、腱鞘炎です。20代、30代、40代、50代の女性の妊娠、出産、更年期でホルモンの変化があるときや、美容師やマウス使うデスクワークなどの手をとても使う方にも多いです。痛みでタオルを搾るような動作が辛くなります。親指を伸ばす短母指伸筋腱、親指を広げる長母指外転筋腱が手首の親指側のトンネル状の腱鞘を通っていて、育児や赤ちゃんを抱っこしたりして親指を使いすぎると腱鞘が肥厚したり、腱の表面が傷ついたりして、腱鞘のところで腱の動きが滑らかにならなくなり、炎症が起こり、痛みが強くなるのが、ドケルバン病という腱鞘炎です。鑑別には「フィンケルシュタインテスト」でドケルバン病という腱鞘炎の可能性を疑います。

出産のイラスト「赤ちゃんとお母さん」

【手の腱鞘炎のような症状で、根本原因が手ではない代表的な疾患】

③頚肩腕症候群・変形性頚椎症・頸椎椎間板ヘルニア・胸郭出口症候群・肘部管症候群など・・・身体は骨格、筋膜、深層筋、神経、血管、関節でつながっているので、腱鞘炎のように手が痛くても、手が原因でない疾患は少なくありません。そのため、文京区茗荷谷のあおやま整骨院では、手が直接の原因なのか、手以外が根本原因なのかの検査や治療に力を入れています。しっかり原因を調べ、根本的に治療を行うことでしっかり治癒し、また再発しないように治療・予防・メンテナンス・サポートをしています。単なる湿布だけで治らずお悩みの方で、根本治療やストレッチなどの日常生活指導をご希望の方はぜひ、文京区茗荷谷のあおやま整骨院までお越しください。

ストレートネックのイラスト

◆「腱鞘炎の治療にしっかりした固定と特殊電気であるマイクロカレント、超音波、レーザー、ハイボルテージなど短期間で治癒できました」東京都文京区茗荷谷20代女性Eさんの声

◆「腱鞘炎ではなく、首の歪みによる詰まりで手につながる神経を圧迫していて腱鞘炎のような症状が出ていたそうです。首の歪みを根本的に施術していただき、手の痛みが消えました」東京都文京区茗荷谷50代女性Oさんの声

◆「腱鞘炎だと思っていたら、全身の筋膜バランスが悪かったようです。根本的に筋膜整体をしてもらい症状改善しました」東京都文京区本郷三丁目30代男性Iさんの声

 

 

東京都文京区【腱鞘炎】ばね指や手首の関節の痛みを治すには

「免責事項」個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません

東京【産後骨盤矯正】東京都文京区茗荷谷でおすすめ産後整体|2015/08/14

こんにちは!東京都文京区【茗荷谷・本郷三丁目】あおやま整骨院では、毎日(特に午前中)多くの産後ママさんに産後骨盤矯正(産後整体)を行っています。赤ちゃん連れのママさんには、ベビーチェア(ハイローチェア)を利用していただいております。ベビーチェア希望のママさんは、予約の時にその旨をお伝えください。東京都文京区【茗荷谷・本郷三丁目】あおやま整骨院は、ベビーカー、子連れOKです。

骨盤のイラスト

産後の骨盤矯正を必要としている産後ママさんは、とても多いです。産後ママさんは、腰の痛み、股関節の痛み、恥骨の痛み、尿漏れ、産後太り、冷え、むくみ、骨盤の開き、骨盤の歪み、腰痛などに悩んでいます。この悩みを解決するために、産後の骨盤矯正ベルト(トコちゃんベルト)などを使用しますが、使用する位置を間違えてしまったり、思うような効果が得られなかったりします。また、骨盤だけを矯正するより、骨盤矯正と同時に全身を矯正するほうが効果は絶大です。産後ママさんを救えるのは、東京(文京区茗荷谷)で産後ママさんに口コミ評判の良い、あおやま整骨院の産後骨盤矯正です。

赤ちゃんとお母さんのイラスト

産後の骨盤矯正では、注意すべき点があります。それは、産後直後の骨盤は、かなりグラグラしている状態なので、バキバキッ、ボキボキッ、とする矯正はNGです。最悪の場合、施術後に動けなくなったり、立てなくなったりといった状態になることもあります。つまり、産後の骨盤矯正では、ソフトタッチが基本で、骨や関節にゆっくりと持続圧をかけていくシンプルな施術法になります。体幹、鎖骨、肋骨、上腕骨、肩甲骨、骨盤、大腿骨、脛骨、ひ骨などにアプローチしていき、産後の骨盤を含めた全身プロポーションを矯正します。

 

赤ちゃんをくすぐる親のイラスト

【産後の骨盤等のゆがみの原因は?】

それは、リラキシンという女性ホルモンが骨盤(仙腸関節や恥骨結合など)や関節の緩みを作り、腰痛や股関節痛、肩こり、頭痛などのお身体の不調の原因の一つとして考えられています。

 

 

 

【東京都文京区あおやま整骨院で、産後のママさんの悩みの統計をとると】

ゆがみ:90パーセント

産後太り:80パーセント

腰の痛み:70パーセント

冷え:70パーセント

骨盤の開き:70パーセント

むくみ:60パーセント

股関節の痛み:40パーセント

痔:40パーセント

尿漏れ:30パーセント

恥骨の痛み:20パーセント

でした。

DSC_0708

 

◆ゆがみの原因

出産、ぎっくり腰などのケガ、椅子に座ったときに足を組む、正座をくずす、横座り、荷物を同じ方ばかりで持つなど。出産やケガなど強い力が骨盤にかかることでも、骨盤はゆがみますが、姿勢や体の使い方などの日常生活の悪い習慣の積み重ねによって、骨盤のゆがみは作り出されます。

DSC_0714

 

◆東京都文京区あおやま整骨院の産後骨盤矯正、産後整体

産後の骨盤矯正の専門家、各種骨盤矯正のスペシャリストで、国家資格取得者です。初診時には、詳しい説明をいたします。何でもお尋ねください。ゆがんだ骨盤を元の良い状態に戻すためには、骨盤のみの矯正ではなく、姿勢、猫背、バストアップ、くびれ、から小尻、ヒップアップ、O脚、X脚、XO脚、美脚までを整えるプロポーション矯正(整体)を同時におこないます。患者様と治療家の二人三脚での取り組みが大切です。まずは1度お試しください。ゆがみの程度や良い状態を記憶されるためにもあおやま整骨院では、6回程度続けていくことをオススメしています。一日も早い症状改善の為のお手伝いをさせていただきます。子連れOK、ベビーカーOK、予約OK、産後のママさんのお悩み解決のお手伝いをさせていただきます。(産後1~2ヵ月後から始めて、6~10ヶ月までがもっとも大切な時期といわれていますが、産後10年以内でも対応いたします。)

赤ちゃんとお母さんのイラスト◆なぜ骨盤矯正なのか

骨盤は体を支える基礎の部分です。ここがゆがんでいると全身の姿勢がゆがみ、あらゆるトラブルの元となります。あおやま整骨院では、産後骨盤矯正、産後整体、姿勢骨盤矯正、産後マッサージで、多くの実績を残しております。骨盤の状態改善、プロポーション改善には絶対の自信を持っておりますので、安心してお任せください。子連れOK、ベビーカーOK、予約OK、産後のママさんの骨盤改善のお手伝いをさせていただきます。。(産後1~2ヵ月後から始めて、6~10ヶ月までがもっとも大切な時期といわれていますが、産後10年以内でも対応いたします。)

 

 

 

・「あおやま整骨院で1回の産後骨盤矯正で骨盤が閉まり、姿勢が変わったのが実感できました。3~6回程度続け出産前よりも姿勢や骨盤が安定しました」:東京都文京区茗荷谷Sさんの声

・「産後骨盤矯正で尿漏れが治りました、ベビーカーを押して歩くときの腰痛が治りました」:東京都文京区本郷三丁目Iさんの声

・「産後骨盤矯正でトコちゃんベルトの位置を指導してもらえたり、骨盤てい筋の筋トレを指導してもらいました」東京都文京区茗荷谷Oさんの声

 

 

 

東京【産後骨盤矯正】東京都文京区茗荷谷でおすすめ産後整体

「免責事項」個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません

TOPへ戻る