文京区茗荷谷【ぎっくり腰】腰痛の原因と治し方と腰痛体操|2016/03/04

文京区【茗荷谷・本郷三丁目】で腰痛・ぎっくり腰を行っているあおやま整骨院です。文京区【茗荷谷・本郷三丁目】あおやま整骨院では、病院ではわからないこともある原因を探し、根本的に腰痛・ぎっくり腰の治療をしています。

 

先日引っ越しで、重いものを持ち運びしたせいか、今朝起きたら我慢できないほど腰が痛くなってきました。いわゆる腰痛(ぎっくり腰)でしょうか?仕事があるので、この痛みを何とかしたいのですが・・・【文京区茗荷谷30代女性:会社員 Iさんの質問】

 

関節痛のイラスト(腰)

「ぎっくり腰」と呼ばれる言葉があります。ご質問の女性のように、「引っ越しで重いものを持った」などきっかけとなる出来事がある方もいますが、特に思い当たるふしなく、急な腰痛に襲われる場合もあります。その原因はいろいろです。

筋・筋膜性腰痛は、長時間座りっぱなし、立ちっぱなしの方に多い腰痛です。

「朝起きた時に腰が痛い」とか、「ずっと立っている時に腰が痛い」という場合は、姿勢性腰痛ということが最も多いのです。特に筋・筋膜性腰痛の多くは、腰の上部左右が痛みます。

例えばパソコンを使って仕事していると、少し前かがみの姿勢を長く続けることになります。この前かがみ姿勢は、別名「姿勢筋」ともいわれる脊柱起立筋が収縮することによって保たれています。 途中ストレッチもせずに、同じ姿勢を続けているとこの脊柱起立筋が疲労し、異常収縮を起こしてしまうのです。

すると、脊柱起立筋が引っ張られて、この筋肉が骨に付着している端の部分が炎症を起こし痛みを生じるのです。さらに、脊柱起立筋だけではなく、この筋肉を補助している筋肉、大殿筋にも同じような現象が起こってくるのです。つまり、「風が吹けば桶屋が儲かる」の小咄のように、連動していく順番が決まっているのです。

ですから、筋肉疲労・異常収縮を避けるためには、同じ筋肉を使い続けない。つまり同じ姿勢をし続けないということが重要なのです。つまり腰痛・ぎっくり腰は、一気にというよりも、日用生活で日々使用している筋肉疲労などが、積もり積もって発症することが多いのです。

ぎっくり腰の場合、脊柱起立筋があまりにも異常収縮して、腰部の前湾を後湾にしてしまうのです。ですから、急性期は腰やひざを曲げた姿勢をとると、筋肉がゆるみ、回復が早まります。治療の際は、腰を前後に曲げたり、左右に倒したり、左右にねじったり、どの姿勢がつらく、どの姿勢が楽かを十分確認し、痛みに関係している筋肉を治療していくことが回復への近道となるのです。

文京区【茗荷谷・本郷三丁目】あおやま整骨院では、腰の筋肉の炎症の回復を早める医療用治療機器なども使用して患部を治療し、回復を早めます。また腰椎前湾の原因となっている筋肉の過緊張や骨格のゆがみの調整もできますので、痛みにくい身体づくり(腰痛のない身体づくり)をしたい方にはオススメです。

 

 

・「腰痛・ぎっくり腰は何度か経験していましたが、自宅でただ寝ているだけより格段に速く痛みが引きました!マッケンジー腰痛体操も教えてもらいました。」文京区本郷三丁目Iさんの声

・「初めて“これがぎっくり腰?”という状態になりましたが、先生が丁寧に私の身体の状態を説明してくれたので、安心して腰痛治療を受けられました。」文京区茗荷谷Uさんの声

・「ぎっくり腰であおやま整骨院さんにお世話になりました。原因の説明もあり、腰痛体操も教えてもらい、姿勢も良くなり、快調です!」文京区茗荷谷Sさんの声

 

 

文京区茗荷谷【腰痛・ぎっくり腰】の原因と治し方と腰痛体操

「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません

文京区茗荷谷【坐骨神経痛】車の運転が原因の治し方・整体☆|2016/01/31

文京区【茗荷谷・本郷三丁目】あおやま整骨院では、長時間の車の運転が原因によるしびれや坐骨神経痛の治療・整体も行っています。坐骨神経痛は、腰やお尻が原因になることが多いです。

 

車の運転で20分くらい経過したら、右のお尻がとても痛くなります。痛みは、ズキズキ、ジンジンと響いているような感覚です。左のお尻は何ともなくて、歩いているときや日常生活中ではまったく問題ないです。腰痛も特にありません。いったいどんな原因から来ているのでしょうか???【文京区茗荷谷、40代男性、バスの運転手のUさんの質問】

関節痛のイラスト(腰)→坐骨神経痛の症状が現れているようですね。坐骨神経痛は、腰椎の異常によってお尻や足に痛みやしびれが現れる症状です。また、坐骨神経痛は病名ではなく症状名です。この場合の病名は、椎間板症か、椎間板ヘルニアが考えられます。今回のバスの運転手のUさんは、腰痛はないということですが、椎間板にトラブルが起こっていると、腰痛の症状がなくても坐骨神経痛が現れることがあります。今回もそのケースだと考えられます。おそらく、腰椎の椎間板の右側に小さなヘルニアがあって、右のお尻や右足に向かう神経を圧迫しているのではないでしょうか。運転中は前かがみ姿勢になりますので、飛び出したヘルニアがその神経に触れやすくなります。それで、運転してしばらくすると、右側のお尻が痛くなるのではないかと考えられます。では今後どのように気を付けてほしいかというと、長時間の座りっぱなしは、やはり良くないので、間に姿勢を代えてもらえたらと思います。前かがみよりは腰を反る、右荷重よりは左荷重のほうが、症状が軽減することが多いです。それでも症状が変わらないのであれば、病院や整形外科、整骨院、接骨院、整体院、治療院などで、見てもらうほうがよいでしょう。文京区【茗荷谷・本郷三丁目】あおやま整骨院では、痛みが出ているポイントだけではなく、根本原因を解決し、痛みをなくし、さらには痛みの出ない体づくりをしていきます。また、美容矯正メニューの姿勢骨盤矯正もおすすめです。どこへ行っても良くならない、お困りの方はぜひお越しください。(文京区【茗荷谷・本郷三丁目】あおやま整骨院総院長)

 

 

 

・「腰痛、坐骨神経痛が整体治療で徐々になくなりました」:文京区茗荷谷Mさんの声

・「ずっと悩んでいた腰痛、坐骨神経痛がこちらの接骨院での整体治療で徐々に回復してきています」:文京区茗荷谷Eさんの声

・「腰痛がないのに坐骨神経痛になることを知りませんでした」:文京区本郷三丁目Aさんの声

 

 

文京区茗荷谷【坐骨神経痛】車の運転が原因の治し方・整体☆

「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません

文京区茗荷谷【むちうち】頭痛の治し方と自賠責保険の仮払い|2016/01/30

むちうち整体に強い文京区【茗荷谷・本郷三丁目】あおやま整骨院です。自賠責保険の仮払いと、むちうちによる頭痛の治し方を患者様の声としてお伝えできればと思います。

 

自賠責保険は、仮払いができます。

◆「仮渡金」制度

交通事故の場合、損害賠償額が確定して正式に保険金が出るまでに、当面の生活費や治療費などの出費がかさみ、被害者の負担が大きくなる場合が少なくありません。「仮渡金」は、示談交渉中でも被害者が請求すれば一時金の前払いをしてもらえる、被害者救済のための制度です。

kourei_jiko_car◆「仮渡金」の特徴

加害者側から損害賠償金の支払いを受けていない場合に請求できる。

請求は被害者からのみできる(加害者の承諾は不要)また、請求は一回のみ可能。

保険金が支払われるときには、既払いの仮渡金を控除した残額が支払われる。

最終的な確定額より仮渡り金の額が大きい場合は、差額を返還しなければならない。

加害者側に損害賠償責任がないと判断された場合には、返還が必要。

子供の飛び出し事故のイラスト

◆「仮渡金」の支払い基準

死亡の場合・・・290万円

障害の場合・・・40万円(入院14日以上かつ治療30日以上を要する場合・大腿または下腿の骨折など)。20万円(入院14日以上または入院を要し治療30日以上を要する場合・上腕または前腕の骨折など)。5万円(治療11日以上を要する場合)

 

 

・「車の一瞬の衝撃により起こるむちうちで、頭痛を引き起こしてしまいましたが、あおやま整骨院さんの治し方は、リスクの少ない特殊な電気により痛みなく治療を行ってくれました」:文京区茗荷谷Aさんの声

・「むちうちによる頭痛には、首とつながりのある筋膜リリース整体がとても効果的でした。このような治し方には驚きです。」:文京区本郷三丁目Iさんの声

・「むちうちの頭痛治療を受けているのですが、むちうちの症状が軽くなってから、首に施術してもらう治し方がとてもよかったです」文京区茗荷谷Oさんの声

 

 

文京区茗荷谷【むちうち】頭痛の治し方と自賠責保険の仮払い

「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません

 

TOPへ戻る