文京区茗荷谷【頭痛】頭の痛みには病院か整骨院に行くべき?|2016/03/10

文京区【茗荷谷・本郷三丁目】で頭痛治療も行っているあおやま整骨院です。頭痛の方は、病院へ行くべきか整骨院で改善できるかわからないと思います。文京区【茗荷谷・本郷三丁目】あおやま整骨院では、そのような頭痛の相談も承るようにしています。

 

頭蓋骨のイラスト

日本では15歳以上の3人に1人が頭痛もちと言われるほど、頭痛に悩む方は多くいらっしゃいます。あまりに身近な疾患のため、「頭痛くらい」と軽く考えられがちですが、その原因は様々で、命にかかわる病気が隠れていることもあります。

頭痛には大きく分けて「一次性頭痛」と「二次性頭痛」があります。

一次性頭痛は、原因がはっきりしない、いろいろ検査をしても異常が見つからない頭痛のことです。いわゆる「頭痛持ち」の頭痛で、片頭痛、緊張性頭痛、群発性頭痛は整骨院・接骨院で治療を受けることで、症状の改善が期待できます。

ノンレム睡眠のイラスト二次性頭痛は、何か他の疾患があって起こる頭痛のことです。頭痛もちの頭痛とは明らかに異なり、頭の中に何かとんでもない病気が隠れているかもしれない、怖い頭痛が含まれています。 いつもの頭痛とは様子が違う、下記のような症状を示す頭痛の場合は、二次性頭痛の可能性を疑って、病院などの医療機関を受診したほうが良いでしょう。

・突然の激しい痛み

・日増しに痛みが強くなる、

・高熱や吐き気がある

・手足に麻痺(しびれ)があったり、片側に力が入らない

・意識がもうろうとする

・ろれつが回らないなど、言語の障害がある

・血圧が異常に高い

・首のあたりがすごく硬くなり、胸に顎がつかない

・頻度が多かったり、痛みが強かったりする

・50歳以上で初めて起こった頭痛

具体的には、外傷による頭痛や頭の中の血管が破れたり、詰まったりして起こる頭痛(特にくも膜下出血は緊急の処置が必要)、さらには頭蓋内の腫瘍が原因の頭痛や、ウイルスや細菌感染による頭痛もあり、これらの場合には早急に医師による診察が必要です。

その他、血圧が高かったり、顎が痛かったり、ひどい副鼻腔炎によって起こる頭痛も二次性頭痛です。

 

整骨院の治療で症状改善が見込める一次性頭痛(いわゆる「頭痛持ち」の頭痛)のうち、最もよく見られる「片頭痛(へんずつう)」と「緊張型頭痛」は原因が異なりますので、対処を間違うと却って痛みが強くなりかねません。

簡単な見分け方は、お風呂に入るなどして身体を温めた時、症状が軽くなる方は緊張型頭痛、却って痛みが増すという方は片頭痛と考えられます。

しかしながら緊張型と片頭痛(血管拡張型)の混在型の方もいらっしゃいます。

文京区【茗荷谷・本郷三丁目】あおやま整骨院では、問診と理学検査で原因を特定し、患者さんお一人お一人に合った治療法で、症状の改善を図ります。

 

*「夕方になると肩こりと頭痛がひどくなり、夕飯の支度も辛いくらいでしたが、あおやま整骨院でストレートネックの治療をしてもらったら、頭痛も軽くなりました。」文京区茗荷谷Oさんの声

*「骨盤のずれが頭痛を引き起こしていると指摘して頂き、骨格調整してもらったところ、頭痛が起こりにくくなりました」文京区本郷三丁目Tさんの声

*「小顔矯正(顎関節矯正)後に頭痛が軽減しました」文京区茗荷谷Iさんの声

 

文京区茗荷谷【頭痛】頭の痛みには病院か整骨院に行くべき?

「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません

TOPへ戻る