文京区茗荷谷【頭痛】頭の痛みには病院か整骨院に行くべき?|2016/03/10

文京区茗荷谷で頭痛治療も行っているあおやま整骨院です。頭痛の方は、病院へ行くべきか整骨院で改善できるかわからないと思います。文京区茗荷谷あおやま整骨院では、そのような頭痛の相談も承るようにしています。

 

頭蓋骨のイラスト

日本では15歳以上の3人に1人が頭痛もちと言われるほど、頭痛に悩む方は多くいらっしゃいます。あまりに身近な疾患のため、「頭痛くらい」と軽く考えられがちですが、その原因は様々で、命にかかわる病気が隠れていることもあります。

頭痛には大きく分けて「一次性頭痛」と「二次性頭痛」があります。

一次性頭痛は、原因がはっきりしない、いろいろ検査をしても異常が見つからない頭痛のことです。いわゆる「頭痛持ち」の頭痛で、片頭痛、緊張性頭痛、群発性頭痛は整骨院・接骨院で治療を受けることで、症状の改善が期待できます。

ノンレム睡眠のイラスト二次性頭痛は、何か他の疾患があって起こる頭痛のことです。頭痛もちの頭痛とは明らかに異なり、頭の中に何かとんでもない病気が隠れているかもしれない、怖い頭痛が含まれています。 いつもの頭痛とは様子が違う、下記のような症状を示す頭痛の場合は、二次性頭痛の可能性を疑って、病院などの医療機関を受診したほうが良いでしょう。

・突然の激しい痛み

・日増しに痛みが強くなる、

・高熱や吐き気がある

・手足に麻痺(しびれ)があったり、片側に力が入らない

・意識がもうろうとする

・ろれつが回らないなど、言語の障害がある

・血圧が異常に高い

・首のあたりがすごく硬くなり、胸に顎がつかない

・頻度が多かったり、痛みが強かったりする

・50歳以上で初めて起こった頭痛

具体的には、外傷による頭痛や頭の中の血管が破れたり、詰まったりして起こる頭痛(特にくも膜下出血は緊急の処置が必要)、さらには頭蓋内の腫瘍が原因の頭痛や、ウイルスや細菌感染による頭痛もあり、これらの場合には早急に医師による診察が必要です。

その他、血圧が高かったり、顎が痛かったり、ひどい副鼻腔炎によって起こる頭痛も二次性頭痛です。

 

整骨院の治療で症状改善が見込める一次性頭痛(いわゆる「頭痛持ち」の頭痛)のうち、最もよく見られる「片頭痛(へんずつう)」と「緊張型頭痛」は原因が異なりますので、対処を間違うと却って痛みが強くなりかねません。

簡単な見分け方は、お風呂に入るなどして身体を温めた時、症状が軽くなる方は緊張型頭痛、却って痛みが増すという方は片頭痛と考えられます。

しかしながら緊張型と片頭痛(血管拡張型)の混在型の方もいらっしゃいます。

文京区茗荷谷あおやま整骨院では、問診と理学検査で原因を特定し、患者さんお一人お一人に合った治療法で、症状の改善を図ります。

 

*「夕方になると肩こりと頭痛がひどくなり、夕飯の支度も辛いくらいでしたが、あおやま整骨院でストレートネックの治療をしてもらったら、頭痛も軽くなりました。」文京区茗荷谷Oさんの声

*「骨盤のずれが頭痛を引き起こしていると指摘して頂き、骨格調整してもらったところ、頭痛が起こりにくくなりました」文京区茗荷谷Tさんの声

*「小顔矯正(顎関節矯正)後に頭痛が軽減しました」文京区茗荷谷Iさんの声

 

文京区茗荷谷【頭痛】頭の痛みには病院か整骨院に行くべき?

「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません

文京区茗荷谷【むちうち】頭痛の治し方と自賠責保険の仮払い|2016/01/30

むちうち治療に強い文京区茗荷谷あおやま整骨院です。自賠責保険の仮払いと、むちうちによる頭痛の治し方を患者様の声としてお伝えできればと思います。

 

自賠責保険は、仮払いができます。

◆「仮渡金」制度

交通事故の場合、損害賠償額が確定して正式に保険金が出るまでに、当面の生活費や治療費などの出費がかさみ、被害者の負担が大きくなる場合が少なくありません。「仮渡金」は、示談交渉中でも被害者が請求すれば一時金の前払いをしてもらえる、被害者救済のための制度です。

kourei_jiko_car◆「仮渡金」の特徴

加害者側から損害賠償金の支払いを受けていない場合に請求できる。

請求は被害者からのみできる(加害者の承諾は不要)また、請求は一回のみ可能。

保険金が支払われるときには、既払いの仮渡金を控除した残額が支払われる。

最終的な確定額より仮渡り金の額が大きい場合は、差額を返還しなければならない。

加害者側に損害賠償責任がないと判断された場合には、返還が必要。

子供の飛び出し事故のイラスト

◆「仮渡金」の支払い基準

死亡の場合・・・290万円

障害の場合・・・40万円(入院14日以上かつ治療30日以上を要する場合・大腿または下腿の骨折など)。20万円(入院14日以上または入院を要し治療30日以上を要する場合・上腕または前腕の骨折など)。5万円(治療11日以上を要する場合)

 

 

・「車の一瞬の衝撃により起こるむちうちで、頭痛を引き起こしてしまいましたが、あおやま整骨院さんの治し方は、リスクの少ない特殊な電気により痛みなく治療を行ってくれました」:文京区茗荷谷Aさんの声

・「むちうちによる頭痛には、首とつながりのある筋膜リリースがとても効果的でした。このような治し方には驚きです。」:文京区茗荷谷Iさんの声

・「むちうちの頭痛治療を受けているのですが、むちうちの症状が軽くなってから、首に施術してもらう治し方がとてもよかったです」文京区茗荷谷Oさんの声

 

 

文京区茗荷谷【むちうち】頭痛の治し方と自賠責保険の仮払い

「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません

 

文京区茗荷谷整骨院【小顔矯正】頭痛改善した患者様のお手紙|2015/11/08

こんにちは!文京区茗荷谷あおやま整骨院の小顔矯正(頭痛治療)を受けていただいた患者様のIさんより、お手紙を頂いたので、ブログに紹介させていただきます。あおやま整骨院の小顔矯正は、小顔にするだけではなく、頭にある23の骨のパズルを合わせていく施術を行うため、【顎関節症】や【頭痛】の改善に大きな効果が期待できるものになります。

 

小顔矯正【頭痛矯正】の封筒小顔矯正【頭痛矯正】のお手紙

 

文京区 後楽園・本郷三丁目・春日 Iさんのお手紙

小顔矯正【頭痛治療】を受けて

先生:「Iさん、小顔矯正を受けてみませんか?」

患者様:「顔が小さくなっても。。。」

先生:「小顔矯正とは言ってるけれど、顔や頭のバランスを整えます。顎(あご)の痛みや、頭痛にも効果があります」

患者様:「頭痛にも効果。先生、受けてみます!」

きっかけは、こんな感じでした。

あおやま整骨院には定期的に通院していて、小顔矯正の前には姿勢骨盤矯正をしてもらい、家族や親戚からも「(長年の)猫背が治った」驚かれていたのですが。

私の頭痛は、頭がず~んと重い感じがします(続きます)。日々の体調によって、頭痛の程度も違うのですが。悪い時には、重い感じが痛みになり、時には寝ているときにも痛みで目が覚めることもあります。

以前から、痛みのある時には、鎮痛剤を飲んでいたのですが、鎮痛剤が毎日のようになり、専門の頭痛外来で見てもらうようになりました。頭痛外来では、緊張性頭痛という診断に加えて、安定剤という頭痛を抑える薬を処方してもらい、鎮痛剤は出来るだけ飲まないようにと言われたのですが。なかなか、減らすことも出来ません。毎日のように、痛みが強い日には、2度3度と飲むことも。鎮痛剤は、その時の痛みは抑えるものの、癖になるということのようです。

今回、頭痛治療(小顔矯正)を受けて。初回の治療が始まって、しばらくすると、頭が軽い、ず~んとした感じが引いていく気が。次回の治療までの1週間、毎日の様に、時には1日2回飲んでいた鎮痛剤が数日おきに。最初の治療の前に、模型で説明をしてもらったのですが、人体の構造云々と言う前に、身体(いや顔と頭か)のバランスが良くなった感じ。2回目の治療以降は、鎮痛剤の回数はさらに減りました(週に1回くらい)。

治療はまだ続いています。ただ、頭痛であれだけ苦しんだのが一体何だったのか、と思うくらい。先生に体調の改善を説明すると、効果が出たことを喜んでくれると共に、「安定剤もいらなくなる様に頑張りましょう」と言ってくれました(*^_^*)

 

 

【文京区・茗荷谷】小顔矯正(頭痛治療)の患者様からの手紙

「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません

TOPへ戻る