坐骨神経痛

  • しびれる部分に薬を塗っても辛い。
  • 病院の何科に行くべきか知らない。
  • 坐骨神経痛になり、座り方や寝方を変えた。
  • ツボを押しても、しびれがあまり変わらない。
  • 足を伸ばすストレッチが原因でしびれ出した。

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛の原因として考えられるのは

・脊柱管の中心部での狭窄(脊柱管狭窄)

・脊柱管の外側部での狭窄(椎間板ヘルニア)

・梨状筋での狭窄(梨状筋症候群)

になります。上記原因の判別方法として考えられるのは、

・脊柱管の場合は、レントゲンやCT、MRIの検査で判断を行う。

・梨状筋の場合は、所見をもとに判断を行う。

になります。

坐骨神経痛になると、どうなる?

坐骨神経痛の徴候

神経根の圧迫によって、下肢に放散痛や、ひりひりとしたうずきを感じることもあります。脊髄や脳(中枢神経系)に変化が生じ、焼けるような痛みといった神経障害性疼痛を引き起こすこともあります。足の奥が締め付けられるような痛みや、強い圧迫感や拍動感を伴うかもしれません。針やピンで刺されるようなしびれや痛みを感じる場合もあります。また、神経が過敏になり触れるだけで痛みを生じるなど、日常生活中も痛みを感じやすくなる場合があります。痛みのある部位の皮膚の変色、腫脹、発汗異常、気温差に過敏な反応を示すこともあります。

これらすべての神経障害性の徴候は、障害されている神経の構造上の変化や、脊髄後角と脳の変化によるものになります。

坐骨神経痛は、坐骨神経が支配している筋肉や皮膚が痛むこと

坐骨神経痛は、腰の神経の神経根や馬尾が圧迫されたり傷ついたりして腫れを起こしたりしているため、施術は神経根や馬尾に起こっている障害を取り除くことからはじめます。

坐骨神経は、太ももなどの足の大部分の筋肉を支配し、脳からの運動の指令を伝え、身体のバランスをとったり正常に歩行できるように働いています。そのために、坐骨神経に障害が起こると、お尻から太ももの後ろ、ひざ下の外側、すね、ふくらはぎ、足先が痛んだり、しびれたりします。重い状態になると、排尿障害や間欠性跛行などになります。

痛みがあらわれる部分は、障害を起こした坐骨神経の部分によって違います。

 

文京区茗荷谷・本郷三丁目 あおやま整骨院の 坐骨神経痛 施術方法は!

 

坐骨神経痛の一般の施術方法

坐骨神経痛(脊柱管狭窄や椎間板ヘルニア)になって、整形外科やクリニックに行くと、すぐに手術をするといった、イメージをもたれる人がいるかもしれませんが、実際には、状態が重い場合以外には、すぐに手術を選択することはありません。

坐骨神経痛の多くは、日常生活や仕事中で正しい姿勢を心掛けたり、状態に応じたストレッチや体操や軽い筋力トレーニングなどをすることで軽減され、予防にもつながります。

しかし、お尻から太ももの後ろ、ひざ下の外側、すね、ふくらはぎ、足先の痛みやしびれは、すべてが坐骨神経痛とは限りません。約1割が、他が原因であることを忘れないで下さい。

あおやま整骨院の 坐骨神経痛 施術の方針

あおやま整骨院は、カウンセリング、所見、検査、施術をとおして「坐骨神経痛」の根本原因を見つけることに努めています。現状よりも少しでも苦痛から解放されますように、そして健康を維持できますように、いろいろなカラダについてのアドバイスをさせていただいております。

あおやま整骨院が 坐骨神経痛の原因を見つけるよりも大切に思っていること

それは、相手の痛い気持ちを理解して、共感してあげることです。痛いという言葉は、日常的にありふれていて、また自分自身でもよく使う言葉です。そのため、痛いという相手の気持ちを、自分の痛いという感覚で考えてしまいがちです。痛いという言葉には、相手の気持ちや状況は含まれていません。そのため、相手の気持ちをわかろうとしなければ、永久に分かり合うことはできないんです。

あおやま整骨院は、「坐骨神経痛で痛い、しびれる!」という叫びよりも、「どのような気持ちで痛み、しびれを訴えているのだろう?」と相手の気持ちを想像することのほうが大切であると思っています。

中には、「坐骨神経痛で痛い、しびれますか。それは大変でしたね。」と、共感してあげることで、痛み・しびれが和らぐ方もいます。痛み・しびれは感覚であると同時に感情でもあります。相手の気持ちを理解し、気持ちを落ち着かせてあげることこそが、原因を見つけることよりも大切なことかもしれません。

治療の流れ

1.受付

まず最初に、受付にて問診票をお渡しします

2.カウンセリング

どのような不調を抱えているのか丁寧に問診します

3.検査

どんな症状も見落としのないよう、しっかり検査します

4.今後の施術方針の説明

今後の治療に関して分からないことがあれば遠慮なくご質問ください

5.施術

お1人お1人にあわせたオーダーメイドの治療です

6.お大事に!

お大事に!

患者様の声|文京区あおやま整骨院

患者様の声

文京区茗荷谷・本郷三丁目 I.M様 坐骨神経痛・ヘルニア

歩く時、足の着き方を気にしてしまうくらい足の裏が痛く、1~2ヶ月痛みをガマンしていました。

どうにもガマンできず相談したら、椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛との事。まさか関係があるとは思いもしませんでした。

手技だけでなく、レーザーや超音波など様々な器具で、施術してもらい今ではだいぶ落ち着いています。

ガマンせずもっと早く来れば良かったくらいです。

【免責事項】お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

症例|文京区あおやま整骨院

症例

文京区茗荷谷・本郷三丁目 ヘルニア・坐骨神経痛

右のお尻から、かかと、足裏まで痛みとしびれのある方です。

SLR検査と、知覚・振動覚を調べたところ、右腰椎椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛の可能性が高いようです。

ヘルニアの原因の一つである背骨のS字カーブを助ける整体や、肩甲骨の筋膜リリースや骨盤矯正で経過をみることにしました。なぜかというと、神経の圧迫部分がなくなっても、傷ついた神経の回復を待たないと坐骨神経痛の状態が軽減しないことが多いからです。

椎間板ヘルニアということで、前にかがむと、しびれが増してしまうので、腰を反らせるマッケンジー体操の指導をしました。また右へ振り向くと坐骨神経痛が出てしまうので、そうならない指導をさせていただきました。

【免責事項】お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

症例

文京区茗荷谷・本郷三丁目 坐骨神経痛・腰痛

数日前に、ちょっとした段差を踏み外した時にお尻と腰を痛め、同時に足にしびれが発生した方です。

痛み自体はそこまで重くなく、左足にしびれが続いている状態。

ケンプテストやSLRテスト、SOTOテストにより、軽い腰痛・臀部痛と坐骨神経痛と判明。坐骨神経痛の原因は、梨状筋による坐骨神経の圧迫のようです。

股関節を外転・外旋させると、坐骨神経痛が軽減。臀部のマッサージ、筋膜リリースを行う。

寝る前に、カエル足ポジションをとるセルフストレッチを指導させていただき、経過をみながら施術を続けていきました。

【免責事項】お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

TOPへ戻る